おせちは縁起の良い料理

正月に毎年必ずと行って良いほど食べるおせち料理ですが、縁起の良いとされる食材が詰められています。
おせちは「お節供」おせちくの略で年初めに今年の豊作を祈って食べる料理や武家の祝膳そして、庶民の新年を祝う料理が混ざり合ってできたものと言われています。

更に正月三が日は、主婦も家事を休めゆっくり1日を過ごせるようにとの意味もあります。


料理は保存が効く食材が中心となりますが、それぞれの物には縁担ぎを目的としています。おせちは重箱に詰められ色鮮やかな食材に目を引かれます。
紅白の蒲鉾は日の出を象徴するもので、紅はめでたさや喜びを表現し、白は神聖を表しています。


黄色で鮮やかな伊達巻は、昔は大事な文書を巻物にしており洒落た料理です。


錦玉子は、黄色と白が美しく金と銀に例えられ錦織の様な感じて祝膳の引き立て役です。



黒豆は、色からすれば他と異なりますが豆は健康を意味するので欠かせない食材です。



その他には、かまぼこ以外の海の幸として田作りがあります。

五穀豊穣を願い小魚を田畑の肥料として撒いたことから名付けられました。

数の子は、二親(にしん)から多くの子が出てめでたいという事で、新年早々縁起がよいと良いとされています。



海老は長生きの象徴で長いひげを生やして腰が曲がるまで長生きできるようにと意味があります。

その他では、ごぼうも長く細く幸せにという意味を持ち地中に根をはり深く伸びる姿はとても縁起が良いとされています。